本翡翠 帯留め


本翡翠の帯留め買取ました


今回、【着物買取いわの】がお買取りしたお品物は、草花の透かし彫りの本翡翠 帯留めです。
翡翠は深緑の半透明な宝石のひとつで、アジアや中南米では古くから人気が高く、金以上に珍重されていた時代もあったそうです。翡翠は大きく軟玉(ネフライト)と硬玉(ジェダイト)とニ別されますが、価値の高い硬玉のことを、通称「本翡翠」と呼んでいます。翡翠は透明度が高いものほど良質といわれます。


今回買取させていただきました本翡翠の帯留めですが、亡くなられたお母様が生前ご使用になられていたお品物ということで買取のご依頼を頂きました。少し使用感はございましたが、お母様が大切になされていた帯留めであり、本翡翠のお品物でありましたので、お客様にご納得いただける買取金額を提示させていただき買取りとなりました。




本翡翠の帯留め買取について


本翡翠の帯留めは、高価買取の可能性のあるお品物のひとつです。翡翠は軟玉との違いを明確にするために、硬玉(ジェダイト)を本翡翠とよんでいますが、日本では縄文時代から勾玉として使用されてきました。また、世界各地でも様々な民族が、「魔法の石」としてこのジェダイトを崇めてきたとされています。


翡翠は緑色という印象をお持ちの方が多いかと思いますが、最も価値が高いとされる石は、濃い緑色で透明度の高いものと言われています。透明度が高く、緑が鮮やかで濃いものは、インペリアル・ジェイドと呼ばれ、とくに珍重されています。また本翡翠は、翡翠鉱石以外に含まれる鉱物が少ないほど希少で価値があるとされますが、これらはアイスジェイドと呼ばれ、とても価値のあるとされる本翡翠です。


また、彫刻の施された本翡翠の価値は、デザイン、彫刻の細かさ、大きさなどにより異なり、また色ムラなどをうまく処理しているかどうかや、技術の良し悪しや磨きの良し悪しなども関係してまいります。

着物買取いわのでは、これまで何度も本翡翠を扱っており、本翡翠の帯留めなど買取経験が豊富にございます。本翡翠の帯留めなど、買取のご相談は着物買取いわのまでお気軽にお問い合わせください。口頭で説明する事が難しい場合は、メールにお写真を添付して頂く簡易査定をお勧めしております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら