和装バッグ 龍村美術織物


和装バック買取ました


今回、【着物買取いわの】がお買取したお品物は、龍村美術織物の和装バックです。
龍村美術織物では、日本を含めた世界中の名物裂の復元に成功しており、こちらの和装バックの柄も名物裂の一つである鹿文有栖川錦です。
有栖川錦の中でも最もよく知られている鹿文様は直線構成の見事な表現と洗練された配色が職人技を感じる事ができます。
目立ったシミや汚れ、ほつれなどもなく良い状態でお譲り頂きました。
今回はこちらの和装バックの他にも龍村美術織物の帯の買取もご一緒に行いました。



龍村美術織物について


龍村美術織物は1906年に龍村平藏によって創業し、古代裂の復元制作に携わっています。
龍村平藏は16歳の時に祖父が亡くなった事をきっかけにこの世界に飛び込み、初めは販売に従事していました。
織物の世界に魅了された龍村平藏は、自ら機場に入り、古代裂の技術研究に没頭し、復元した文様を使って次々と素晴らしい作品を生み出しました。
龍村美術織物では、龍村平藏が生み出した技術と伝統、そして古代裂に対する思いをしっかりと受け継ぎ、その名に恥じない素晴らしい作品を作り続けており、龍村美術織物の帯は着物をお召になる方であれば一本は持っておきたい帯として人気がございます。
龍村美術織物の帯や和装バックなどの小物のご売却をお考えでしたら、まずは【着物買取いわの】までご相談下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら