袋帯 西陣織 川島織物


袋帯買取ました


今回、【着物買取いわの】がお買取したお品物は、川島織物の袋帯です。
袋帯はフォーマルな帯とされ、織の帯が一般的で、礼装、正装で用いる帯ですが、柄によっては礼装用以外でも締める事ができる帯です。
袋帯には、全体に柄のある全通柄と全体の6割程しか柄のない六通柄があり、今回お買取りした袋帯は六通柄のものでした。
黒地に松竹梅の紋様が素敵な帯で、礼装用では使う事はできませんが、正装として締める事のできる少し高級感のある帯でした。
あまり使用していなかったそうで、目立ったシワやほつれもなく、とても良い状態でお譲り頂きました。



川島織物の帯買取ます


川島織物は京都西陣に店を構え、150年以上の歴史を誇る織元で、分業の西陣では珍しく、糸の調達からデザイン、生産まで自社で一貫して行っており、高い品質を保っています。
川島織物の帯には品質と信頼の証として、三本線と軍配のマークが記されています。
ご自宅にある帯で、三本線と軍配のマークがある帯がございましたら、それは川島織物の帯で、高価買取となるかもしれません。
川島織物の帯は、表・裏を同時に筒状に織り込む技法により生地の厚みが均一に織り上げられ、締め心地が良いと人気が高く、中古市場でも高値で取引されています。
そのため、【着物買取いわの】でも積極的に買取を行っておりますので、川島織物の帯のご売却をお考えでしたら、まずは【着物買取いわの】までご相談下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら