帯留 象牙

象牙の帯留買取りました


帯留は、着こなし全体を味付ける、とても大事なスパイスです。今回【着物買取いわの】がお買取したお品物は、象牙彫刻の帯留です。

お買取した象牙の帯留は、象牙をくり抜いて帯紐を通すタイプのもので、豪華な雰囲気の菊のデザインの細工が大変美しいお品物です。菊の花びら一枚一枚に至るまで彫りが大変細かく、また大振りなサイズで、華やかな和装コーディネイトのアクセントにぴったりの帯留です。重量は24gほどありました。


象牙の帯留は高価買取も期待できるお品物のひとつですが、象牙風の人工象牙とよばれる樹脂でできた帯留も多くありますので、ご売却の際はご留意くださいませ。人工象牙とは、まるで象牙のような質感のラクト象目というものです。ラクト象目のラクトとは、「乳たんぱく質」のことで、乳たんぱく質を固めて作られている素材です。本物の象牙のように筋が入っているので、一見すると象牙に見間違えてしまいますが、ラクトの場合は、きれいな放射状の縞模様の規則的になっていますので、外観でほぼ象牙と見分けることができます。このラクトは印材でも使われることが多く、象牙だと思って買取査定をしてみたら実は違っていたということもしばしばあるようです。

【着物買取いわの】では象牙の帯留だけでなく、象牙の根付や印籠などの買取実績も年間多数を誇っております。帯留だけでなくその他の象牙彫刻品の買取も【着物買取いわの】にお任せください。




帯留買取ます


【着物買取いわの】では、着物や帯だけでなく、帯留などの和装小物の買取実績も豊富に持っています。 和装小物の中でも買取のご依頼を多くいただくのが、帯留です。帯留ひとつで和装コーディネイトの雰囲気が変わることもあり、いくつもの帯留をコレクションされている方もいらっしゃいます。


今回お買取りした象牙の帯留以外にも、金や銀、真珠、珊瑚、ダイヤモンド、翡翠やべっ甲、また七宝焼きなどの焼き物や木彫りなど様々な素材の帯留があります。

帯留の買取査定では、どういった素材であるかによっても評価が異なります。また今回買取の象牙の帯留のように彫り物の場合は、モチーフの表し方や作品の出来などによっても買取の評価が変わってまいります。 また作家物の帯留の場合は、作品の出来や作家名によっても評価が異なるなど、帯留の買取では素材や意匠、装飾や作家名、作品の出来具合や保存状態など、ケースバイケースで買取評価が異なり、お品物を拝見しないことには一概に買取査定額をご案内することが難しくなっています。

ご処分をお考えの帯留の買取査定の際は、帯留の写真をお撮りいただき、メールに写真を添付してお問い合わせ頂きますと、買取査定がスムーズに進みます。帯留の買取なら、【着物買取いわの】にお任せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら