新着情報

着物を買うときに知っておきたい言葉のいろいろ

2017.5.14

着物を買うときに知っておきたい言葉のいろいろ



かつては着物を購入する場所といえば、着物屋(呉服屋)でしたが、最近は時代の流れから、ネットショップやリサイクルショップで着物を買う人も増えてきました。


着物を買うにあたって、知っておきたい言葉としては「お誂え」「プレタ」があります。


お誂え(おあつらえ)


“お誂え”とは、反物から自分サイズに仕立てるもので、反物を購入してから仕立てに出すため、やや時間が必要になります。

お誂えは、染めや織り、淡い色合いや濃い色合いなど、豊富な反物の中から選べる点です。

また、自分の体形にあったマイサイズに仕立てられるので、着心地がよく、着付けも楽で着崩れしにくいのもメリットです。

八掛の色合いによって、着物の雰囲気はがらりと変わりますが、自分好みの八掛を選ぶことができます。



プレタ


プレタは、仕立て上がりの状態の着物のことです。一般にはS、M、Lサイズで販売されています。


プレタの魅力は仕立て上がりの状態なので、購入後、すぐに着用できる点です。またサイズ選びも洋服を選ぶ感覚で選べます。ただし、ぴったりサイズではないので、やや着付けしにくい点もあります。価格もプレタ着物は比較的安価なものが多く、購入しやすい点もメリットです。


プレタのSMLのサイズの見方

まずは洋服と同じ感覚で、自分の体形に近いサイズを選びます。 迷ったら、裄を優先させるのがポイントです。手首のぐりぐりの部分が袖の端にあたるくらいがちょうどよい裄のサイズといわれています。


自分にあった着物なら、お誂えが一番


着物に慣れ親しんでくると、自分の体形に合った着物がほしくなるものです。

反物を選んで、自分サイズに仕立てるおあつらえですが、袷や単衣といった種類によって、仕立て代は変わります。

反物と仕立て代ほか、八掛や居敷当てなどのパーツ加工などが必要になってくることがあります。一般的に、仕立てて出来上がるまでに、1~2か月ほどかかります。


袷の着物の仕立ては、短文のほかに胴裏と八掛が必要です。特に指定がなければ、広衿です。単衣 単衣の着物の仕立ては、反物のほかに衿裏が飛鳥です。居敷当てをつける場合は、その分料金が別途かかります。指定がなければ広衿で、かぶせつきです。


<お誂えの流れ>


1. 反物をまず選びます。このとき、どんな着物が着たいのかを伝えるとスムーズです。

2. 反物を着装(着物風に反物を体に合わせる)し、雰囲気や顔映りなどを確認します。

3. 八掛の色合いを決めます。単衣の場合は不要です。

4. サイズを測定します。裄やヒップから寸法を創り出します。 5. 仕立てを発注します。一般的には1~2か月ほどで仕立てあがります。


<自分サイズの測り方>

着物や襦袢をはじめて仕立てるときは、身長や裄、ヒップなどの寸法が必要になります。裄は手を斜め45度位に下げた状態で、首の後ろのぐりぐりから肩のラインに沿って手首のぐりぐりの先(着たときにぐりぐりが隠れるくらいのところ)まで長さを測ります。


鯨尺とセンチ

 着物では、尺貫法(鯨尺)を使って、〇尺〇寸〇分という単位で表します。身丈や裄など、自分のサイズをメートル法で測った場合は、鯨尺に換算しておくと着物を購入するとにきスムーズです。

1m=2尺6寸4分 語呂合わせで風呂敷と覚えましょう。

身丈=(自分の身長)×2.64




箪笥の奥に眠ったままになっている着物、着る機会のなくなってしまった着物のご処分にお困りなら 買取実績豊富ないわの美術にお任せください。 

遺品整理で大量にでてきた着物や帯、箪笥一竿分の訪問着、留袖、小紋などの着物、茶道などお稽古をやめて着なくなってしまった着物など、場所をとってお困りでしたら、迅速・丁寧な対応で定評のあるいわの美術へ、是非ご相談ください。


いわの美術は、美術店ですので、着物以外にも茶道具や骨董品、美術品、宝石類など様々なお品物の買取を行っております。着物に限らずさまざまな買取品目を取り扱っておりますので、他店よりも幅広く高価買取が行うことができます。

本場結城紬、大島紬といった伝統的工芸品など、一点一点お品物の価値を見極めて査定・買取致します。着物買取でお困りのことがございましたら、なんでもご相談ください。



着物の買取実績はこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら