田島比呂子(1922~)

重要無形文化財「友禅」の保持者です。 小学校卒業後、高村樵耕、高村柳治に師事し友禅染の技法を学びました。
1947年には模様師として開業しますが、その後1954年に友禅作家として独立します。
日本伝統工芸展を中心に作品を発表し続け、中村勝馬に指導を受けながら技を磨きました。
作品は伝統技法を踏まえ、堰出し糊や叩き糊に創意を凝らし、極めて芸術性の高い独自の世界を構成しました。
優れた技量と卓抜した意匠力で高い評価を得ており、日本工芸会では理事を兼任し、後進の指導にも尽力しています。
1999年には重要無形文化財「友禅」の保持者に認定されました。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら