服部織物

創業以来200年以上続いている西陣織の老舗です。
初代服部勘兵衛は滋賀県塩野村から京都西陣へ移り、織物業をはじめました。代表的な帯に熟練の職人が手掛ける、こはく錦帯という袋帯があります。模様箔を織り込んだ、薄手で締めやすい帯で現在でも高い人気を誇っています。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら