川俣羽二重

福島県川俣地方で作られている薄地の羽二重で軽目羽二重のことです。
明治から大正にかけて日本の特産品として盛んに輸出されていました。
現在は主に胴裏地に使用されています。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら