辻が花

室町時代から伝わる染めの着物です。
室町当初の辻が花は品格に満ちた、絞りと墨絵で描かれた着物でした。模様を絞り染めした輪郭に墨絵を施し、枯れかけた花や葉の朽ち果てゆくさまを題材に描き、もののあわれを漂わせた美しさを表現しました。
その美しさが権力者の目に留まり、色彩豊かな縫いや金銀箔が施されて豪華なものに発展し、武将たちは戦場へ陣羽織として使用しました。
江戸中期になると友禅の技法が確立され、手間のかかる辻が花は廃れていきました。
その後技法が失われてしまい、試行錯誤の末、昭和末期に再現されました。
辻が花染めというと久保田一竹の「一竹辻が花」が有名ですね。
『着物買取いわの』では久保田一竹の着物、辻が花の着物お買取り致します!
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら