弘前手織

弘前手織は青森県弘前市や近郊の農村で作られ、江戸時代から織られています。
麻から木綿へ移り変わる頃の織物の一つで、現在ではほとんど見られなくなりました。
紺や浅葱に染めた色無地の木綿で、広く野良着として使われ、弘前木綿とも呼ばれます。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら