保多織(ぼたおり)

香川県で作られている織物です。
高松領主の政策で讃岐の特産品となっており、幕府への献上品としても使われました。多年を保つ、という意味で保多織と名付けられています。
元は絹織物でしたが現在は材料を綿糸に変え、浴衣やシーツ用等日常的にも使いやすくなり、需要が増えました。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら