西陣織

京都市北西部を中心に作られている絹織物です。
西陣という名は、応仁の乱で避難していた織手達が機織りを再開したのが西軍陣の跡地だったことに由来しています。西陣織は特定の織り方や織物を意味するものではなく、この付近で織られる絹織物は総称して西陣織と呼ばれました。
古くから公家の装束や調度品に用いられた有職文様や、中国からもたらされた織物を見本に織ったものなど多彩で、美しく艶やかに染められた色糸で織り上げられる文様の精緻さは他に類を見ないほどです。
西陣で織れないものはないと言われ、日本を代表する絹織物として世界的にも有名です。
『着物買取いわの』では西陣織の着物の高額買取を行っています。
西陣織には龍村美術織物や川島織物セルコン、帯屋捨松など有名織元が多く、多少のシミや汚れがあっても買取り可能です。
帯や着物のご売却をお考えの方は是非ご相談下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら