博多織

福岡県博多市を中心に作られている絹織物です。
江戸時代に徳川将軍家へ献上されたことから、特に最上の物を献上博多と呼びます。
細い経糸を多く使い、太い緯糸を強く打ち込み、経糸を浮かせて柄を織り出すのが特徴です。材料には先染めの絹糸や、金糸銀糸などを使います。
生地に厚みや張りがあって、地質が堅いため、反物よりも帯として用いられました。
現在ほとんどの博多織製品は機械織りされたもので、最近ではジャガード織のフロッピー化に成功するなど、伝統技術と先端技術の融合によって博多織は進化し続けています。
博多織は帯地に適しているということもあり、博多帯でよく知られています。
ご自宅の整理やお引越し、ご処分にお困りのお品物はありませんか?
『着物買取いわの』では着物や帯のお買取は勿論、骨董品や美術品、茶道具や掛軸、絵画など幅広いジャンルの品物の買取を行っています。
「どんな物に値段が付くのか分からない!」という方も是非一度ご相談下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら