読谷山花織

読谷村や首里で作られている紋織の一つです。
幾何学模様を浮織にしたもので、模様には手花、綜絖花、絣等があります。
読谷山花織は、ゆんたんざはなうい、もしくは、よみたんざんはなおり、と読みます。
琉球王朝期に交易していた南方諸国の影響を受け、読谷村で独自に発達した織物でした。一時衰退していましたが、有志によって復活し現在無形文化財に指定されています。
読谷山花織をはじめ、首里織物の着物買取りを強化しています!
多少のシミや汚れがある着物でも買い取ることが出来ます。
状態の良い着物ですと高額買取りも可能です!着物のご売却の際はご連絡下さい!
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら