黄八丈

東京都八丈島に伝わる草木染の絹織物です。
島に自生する植物で染めた絹糸を手織りで縞模様や格子模様に織り上げます。その際地色を茶色にすると鳶八丈、黒だと黒八丈と呼ばれます。
八丈島で織られている物の他に秋田県でもハマナスなどを染料に用いた黄八丈が作られているため、秋田で生産される物を「秋田黄八丈」、八丈島で生産される物を「本場黄八丈」と呼んで区別しました。
黄八丈の着物を高額買取りしています。
本場黄八丈、鳶八丈や黒八丈の着物お持ちではありませんか?
査定見積もりは無料で行っていますので、お気軽にご連絡下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら