阿波正藍染

徳島県で作られている植物染料の藍を阿波藍といい、その藍を使って染めた物が阿波藍染と呼ばれます。
徳島の藍は質、量ともに優れたもので、「阿波の藍か、藍の阿波か」と言われるほどの栄華を誇りました。
室町時代徳島では既に藍の栽培が行われていましたが、徳島藩主蜂須賀の代に奨励され本格化されました。
藍染の着物はありませんか?阿波藍染の着物ですと高額買取も可能です。
着物をご売却の際は『着物買取いわの』にお任せ下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら