白鷹御召

山形県で作られている織物です。
大正末期から織られており、置賜紬や米沢琉球の産地でもあります。
細やかな文様で構成される織り柄と、鬼シボと呼ばれる大粒のシボが特徴です。鬼シボがあるためさっぱりとした着心地で、シワにもなりにくくなります。
現在年間の生産量が少なく、貴重なものとなっています。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら