白山紬

石川県で作られている絹織物で、自給自足のために織られていたものを商品化しました。釘に掛けて引っ張っても、破れないほどの強さを持っていたことから、釘貫紬とも呼ばれました。元々は石川県白山市で織り出された(現在の牛首紬)でしたが、現在は金沢市の織元が機械織したものを白山紬と登録商標されています。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら