信州紬

長野県で作られている織物で、生産する地域によって、山繭紬、上田紬、飯田紬、伊那紬等と呼ばれており、これらを総称して信州紬といいます。
藍染系の縞柄を基調とする上田紬、山繭の糸で織る松本地方の山繭紬、素朴な手機紬と白生地の飯田紬、昔ながらの伝統技術が色濃く残る伊那紬など産地によって色柄も様々あります。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら