長板中形

型染めの染色技法の一つで、江戸中形や長板本染中形とも呼ばれます。浴衣にこの染色技法を使った物が多いため、浴衣の別名として扱われることもあります。
型による本藍染めで、長板というのは制作の際に三間半(約630cm)の一枚板を使用したことに由来します。長板中形は生地の両面に型付けを行いますが、表裏の模様が重なるように少しのズレも許されない作業なので高度な技術を必要とします。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら