秦荘紬(はたしょうつむぎ)

滋賀県秦荘で戦後に作られていた織物です。麻織物の技術を紬織物に取り入れることで完成しました。
現在織られているものは、経糸に座繰り糸、緯糸に真綿の手紡ぎ糸を用いて化学染料で染めたものと、経糸緯糸とも真綿の手紡ぎ糸を用いて草木染したものとの、大きく2つに分かれます。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら