村山大島紬

東京都武蔵村山市を中心に作られている紬です。
「大島」の名前は当時名を知られていた奄美の大島紬にあやかったもので、比較的安価だったことと品質の良さで広く普及しました。
板締めによって染色した糸を手織りして柄を織り上げていきます。
昭和初期から摺り込み捺染も行い、糸を部分的に染めることが出来るようになり、柄やデザインの幅が広がりました。
東京指定無形文化財と伝統的工芸品に指定されています。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら