郡上紬

岐阜県郡上八幡地方で作られている紬です。
千年以上の歴史を持つこの土地の絹糸は曾代絹と呼ばれ、伊勢神宮の神職の装束を織る糸と定められていたほど良質なものでした。
農家では古くから手機で織る自家用の紬が織られていましたが、明治以降衰退してしまいます。それをのちに紬の重要無形文化財保持者となる宗廣力三が再興して、現在の郡上紬を作り上げました。
郡上紬は草木染による素朴な色合いと光沢が特徴で、宗廣力三の考案したどぼんこ染によって染め上げられる暈しは特に高い評価を受けています。
郡上紬の着物お持ちではありませんか?草木染により何度も丹念に染め上げられた、深みのある色合いがとっても魅力的な素敵な着物です。
『着物買取いわの』では郡上紬の買取りを行っています。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら