琉球紅型

琉球で作られている後染めの着物です。
紅型という名称は沖縄の方言である「びんかた」に当て字したものです。
紅型は元々琉球の王族や貴族のための着物で、色柄に決まり事がありました。黄色は王族の色とされ、花鳥だけの模様や花鳥に鳳凰、龍を配した大柄のものは王族専用です。こうした紅型は首里型と呼ばれ、その後庶民の晴れ着として着られるようになる那覇型とは区別されました。本土と交易が始まると友禅染や型染めなどの影響を受け、さらに高い技術を習得して沖縄ならではの色柄を持った染め物へと成長しました。
紅型の「紅」とは色全般のことを指しており、赤色や紅色以外の色も使われています。
紅型では人間国宝に認定されている玉那覇有公が有名ですね。
日差しのような黄色や海にも負けない鮮やかな青など多彩な色遣いが素敵な着物です。
『着物買取いわの』では紅型の着物の買取りを行っています。
紅型のような伝統染織品の着物ですと、多少のシミがあってもお買取りが可能です。着物のご処分をお考えの方は是非ご相談下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら