薩摩絣

薩摩絣は絣の木綿織物で、琉球絣を元に織られています。
昔、琉球の織物が薩摩を経由されて売り出されていた頃は、琉球で造られた絣が薩摩絣と呼ばれていました。
その後1736~1740年頃に薩摩でも薩摩絣の生産が始まります。人気が高く、盛んに織られていましたが、大正初期に姿を消し、第二次世界大戦後大島紬調の絣柄で復活しました。
現在の薩摩絣は細い上質の糸を用いて、大島紬の技術を取り入れ織った木綿絣として知られています。
薩摩絣の着物を高額買取りしています。
紺薩摩や白薩摩の着物お持ちではありませんか?
査定見積もりは無料で行っていますので、お気軽にご連絡下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら