琉球絣

沖縄県で作られている絣織物の総称です。日本の絣の原点と言われるほど古い歴史があり、十四世紀には既に沖縄独自の発展を遂げた絣柄が織られていました。
上布や紬、木綿など様々な素材があり、日本各地の絣織物の基となりました。
柄の多彩さが特徴で生活用具や動物、星や雲など自然を図案化したものも多く、その伝統的文様は御絵図帳(みえずちょう)として残され、現在でも図案作りに使われています。江戸時代には琉球絣は薩摩藩への上納品として納められ、薩摩絣として売られていたこともありました。
『着物買取いわの』では琉球絣の着物の買取りを行っています。
琉球絣のような伝統染織品の着物ですと、多少のシミがあってもお買取りが可能です。着物のご処分をお考えの方は是非ご相談下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら