銚子縮

茨城県神栖市を中心に作られていた波崎縮が発祥とされている木綿縮です。
生産者が増え、銚子市から各地へ出荷されたため、銚子の商人たちにより銚子縮と呼ばれました。綿の栽培が盛んだった江戸中期から明治にかけて生産されていましたが衰退してしまいます。
その後銚子市清川町で製綿業を営んでいた常世田真次郎によって復興されました。
復興された銚子縮は1954年に千葉県の無形文化財に指定されたほか、1984年に千葉県伝統的工芸品に指定されました。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら