小千谷縮

新潟県小千谷市を中心に作られている麻織物で、シボと呼ばれる波状の凹凸が特徴です。
江戸時代初期に堀次郎将俊によって明石縮の技法が伝えられ、それまで平らだった布の表面にシボをつけることによって始まりました。
シボをつけることによって麻のサラサラとした感触を高め、その後白地に縞や花の文様を織るようになり、小千谷縮は更に発展していきました。
現在越後上布とともに国の重要無形文化財にも指定されています。
状態の良い小千谷紬、小千谷縮の着物は高額買取りが可能です。
「頂き物で捨てるのは勿体無い」「場所を取ってしまうので処分したい」大歓迎です!
『着物買取いわの』では次に大切にしてくださる方への橋渡しをさせて頂きます。
着る機会のなくなった着物、ぜひお買取りさせて下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら