丹波木綿

丹波地方で作られた織物です。丹波地方では1700年頃、良質の綿が盛んに栽培され、手織りの木綿が作られました。農家の作業着や普段着として使われていましたが、明治以降機械化による大量生産が進み、手織り木綿は徐々に衰退していきました。
戦後になると手織り木綿の生産は殆ど行われなくなり、1973年頃手織り木綿を惜しむ人々が集まり、昔ながらの製法による手織り木綿を復活させました。現在丹波木綿の技術継承や保存などの活動が行われています。
『着物買取いわの』では丹波木綿の着物の高額買取りしています。
保存状態によってはシミや汚れが付いてしまう場合がございますが、『着物買取いわの』でならお買取りをさせて頂きます。ご売却の際はご相談下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら