近江上布

滋賀県で作られている麻織物です。経糸と緯糸に苧麻を使い平織にします。
豊かな水と高い湿度という環境で鎌倉時代から麻織物が発展していた地で、近江商人の活躍によって織物は各地に流通し、その品質の高さから全国に知られるようになります。
江戸時代には琵琶湖東岸を支配していた彦根藩の振興により、更なる発展をし、安定した地場産業となりました。
その後、染めの技術も大きく進歩し、独特の上品な絣模様が生まれました。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら