八重山上布

沖縄県八重山地方で作られている麻織物です。
最も古くから織られていたと言われており、琉球王府時代には御用布として八重山諸島一帯に課税されていました。
八重山上布には麻の地に映える焦げ茶色の絣柄の物があります。この焦げ茶色には八重山にある紅露という染料を使います。紅露は日本では八重山にしか自生していませんが、染まりやすく、すりおろした絞り汁がそのまま使えて、上質でとても便利な染料です。
現在は琉球藍やフクギ、クチナシなど紅露以外の植物染料も使っており、色鮮やかに染めた糸で織る上布も生まれ、新たな活気を生んでいます。
八重山上布の着物の買取りを行っています。
「売却したいけどどんな着物か分からない……」という方は、メールや電話でのお問い合わせも承っておりますので、お気軽にご相談下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら