宮古上布

沖縄県宮古島で作られている麻織物で、国の重要無形文化財に指定されています。
苧麻を原料にした糸を手織りにした絣柄が特徴で、先染めされた絣糸をもちいて、白い十字模様が出るように織ります。縦の絣と橫の絣のズレを調節する、絣あわせという作業を行うため、一反織るのに二ヶ月以上かかると言われています。
上布の最高級品で「東の越後、西の宮古」と呼ばれ、日本を代表する織物の一つです。
通気性が良く、丈夫で光沢のある夏用の着物地として人気です。
宮古上布の着物お持ちではないですか?
御実家の整理や片付けの最中、不意に古い着物や帯が出てきた場合、「自分は着物を着ないから…」という理由で捨ててしまうのは勿体無いです。
不要な着物がありましたら、是非お買取りさせて下さい。
買取の流れはこちら

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら