新着情報

久保田一竹の着物買取ります

2015.1.21

久保田一竹の着物お買取りします


着物買取いわのでは久保田一竹(くぼたいっちく)の着物買取を行っております。
久保田一竹は昭和から平成にかけて活躍した染色家で、東京国立博物館で古い辻が花染に感銘を受けたことをきっかけに辻が花の研究に取り組みました。
染色の道に入ったのは14歳の頃、友禅作家の小林清に入門し、更に大橋月皎、北川春耕などの日本画家のもとで、人物画や山水画、水墨画などの画技を向上させます。
その後、辻が花染に感銘を受けますが、戦時中の召集などを経て、60歳の頃ようやく自身の辻が花染を完成させました。
失敗と苦難を乗り越えて完成した辻が花染は一竹辻が花と呼ばれ、唯一無二の世界観のもと複雑な染色工程を経て仕上げられます。


久保田一竹の着物、お持ちではありませんか?着物買取いわのでは久保田一竹の着物買取を行っております。
久保田一竹の着物買取は着物買取いわのにお任せ下さい。



久保田一竹の作品お買取りします


久保田一竹による一竹辻が花は日本のみならず、海外でも注目の的となり、欧米での展覧会なども積極的に行われました。
辻が花染は室町時代より伝わっていた絞り染めの技法ですが、江戸時代中期に友禅の技法が普及したために衰退していきました。久保田一竹はその辻が花染を研究し、独自の技法で辻が花染をより一層発展させることに成功したのです。
久保田一竹は袋帯や訪問着、付下げなど数多くの一竹辻が花作品を残しています。


着物買取いわのでは久保田一竹の作品は帯などでもお買取りを行っております。
久保田一竹の手掛けた帯、久保田一竹の手掛けた着物、ご処分ご売却の際は是非、着物買取いわのにお買取りさせてください。
着物買取いわのでは久保田一竹の作品買取を行っております。

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら