新着情報

上野街子の作品お買取り致します

2017.7.27

上野街子の作品買取ります



着物の買取実績豊富ないわの美術では、伝統ある友禅一家に嫁ぎ四代目として自らも作品作りを行っている上野街子の着物をお買取り致します。

上野街子は、代々友禅を作り続けてきた上野家に嫁ぎ、上野清二の嫁として夫を陰ながら支え、自らも友禅を作っていました。

夫の上野清二が急死してしまった事がきっかけで、表舞台に出て友禅を作るようになり、その後四代目を継ぎ現在に至ります。

上野街子の作品には、清染居という落款が押されていますが、この名は初代上野清江が築き上げた友禅の工房名です。

なぜ自らの名前ではなく、工房名を名乗っているのかというと、初代上野清江が築き上げた清染居と今まで続いてきた上野家の伝統を多くの方に知ってもらいたいという思いと、人間の短い一生にとらわれる事なく伝えていく事の出来る名前として清染居を名乗っています。

清染居の名を名乗る事で、夫である上野清二が生まれた上野家の伝統を守っていくという覚悟の表れでもあり、深い愛情も感じられます。


上野街子の作品について 



上野街子の作る作品は、上野家に伝わる繊細かつ華麗な作風を守りつつ、時代の流れを加え女性らしい柔らかさと気品ある作品を作り上げています。

また、御所解や茶屋辻などの伝統的な模様を中心として作り上げ、その美しさから多くの女性を虜にする作品となり、親子二代で着れる着物となっています。

いわの美術では、上野街子の作品以外にも人間国宝の上野為二や、絵画調の作風が特徴的な百貫華峰など様々な着物をお買取りしております。

ご自宅に箪笥に仕舞いっぱなしの着ていない着物などございましたら、汚れや虫食いが発生する前にいわの美術にご相談下さい。

ご自身で売れないと思い処分してしまうと考えている着物が実は売ったら高いお品物だったという事もございます。また、着物以外でも茶道具や掛軸、絵画、書道具、仏像、洋酒など様々なお品物をお買取りしておりますので、処分にお困りのお品物などございましたら、お気軽にいわの美術までご相談ください。


~上野街子についてはこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら