新着情報

最新情報一覧

墨絵の着物や帯の買取を行っております 墨絵と聞くと水墨画を思い浮かべる人も多いかと思いますが、着物や帯にも墨絵で染められたものがあります。墨絵は墨一色...
東京無地染買取ます 東京無地染は東京都の伝統工芸品として知られており、伝統工芸士の有資格者は5名しかおらず、職人や技術者は高齢化による後継者不足が心配...
寺西一紘の作品買取ます 寺西一紘は江戸時代から続く紺屋の当主としても活躍する加賀友禅作家で、大学を卒業すると色彩メーカーに勤務し、色彩学や配色の研究を...
色無地買取ます 【着物買取いわの】では色無地の買取を行っております。色無地とはその名の通り、黒以外の色で染められ、柄が付けられていない生地で仕立てられ...
帯締めに使われる組紐の組み方 日本伝統の工芸品である組紐は、細い絹糸や綿糸を組み上げた紐ですが、その形状から丸組、角組、平組と大きく三種類に分けられ、...
帯周りの悩みQ&A 和服の着付けの悩み事で最も多いのが帯周りのことだといわれます。和装専門家による帯周りの悩みに関するQ&Aを紹介します。 帯...
2016.5.20

組紐の歴史

組紐の歴史 組紐の歴史~飛鳥・奈良時代 組紐とは糸条を斜めに交差させながら、互いの上に浮いたり下に沈んだりさせて組んだ紐状のものです。 日本の...
秋田の染織物~秋田八丈 秋田には、江戸時代寛政年間(1789~1801年)頃から、伝承されている秋田八丈という独特の染織物があります。 美しい渋みのあ...
芭蕉布買取ます もうすぐ暑い夏がやってきますが、皆さんは衣替えの準備などやっていますか?徐々に入れ替えを行っている人、時期が来たら一気に入れ替えを行う...
青森の染織物~南部裂織・津軽裂織 「裂織(さきおり)」は、使い古した布を細く裂き、織りこみ、衣服や生活用品へと再生する織物のことをいいます。 古手木綿...

お問い合わせ・無料査定はこちら

無料査定のお申込みはこちら